出生率

第1次ベビーブーム期(1947~49年)の日本の年間の出生数は約270万人、合計特殊出生率(一人の女性が生涯に生む子供の推計人数)は4.54人。2016年は年間出生数97.7万人で遂に100万人を下回りました。合計特殊出生率は1.44人です。(厚生労働省の概況)

まだまだ人口減は加速しそうですね。

アーカイブ

人気記事